【萩の郷土料理deアレンジレシピ 】だき寿司

関連食材
  • 瀬つきあじ
  • その他
カテゴリ
  • 食材別の特集
  • その他の特集
Loading

Share
画像:

桜も散って寒さが和らいできました。少し前に旬のキンタロウがスーパーマーケットのお魚コーナーに並び始めた頃、キンタロウでだき寿司と萩の野菜を使って手毬寿司を作りました。

 

萩の郷土料理deアレンジレシピ、今回は「だき寿司」です。

 

〇郷土料理豆知識〇

古くからお正月や婚礼、祭り等の時、なくてはならないもので、季節の魚とおからを用いて作る。魚はそのときに獲れた小型の魚なら何でも使っていたが、現在ではキンタロウ・イワシ・アジなどが多く使われている。奈古ではイワシ刺し網で大漁の時、イワシだき寿司を作った。魚がおからを抱き込むような形をしていることから「だき寿司」と呼ばれている。

(萩元気食の会 郷土料理冊子より)

 

■だき寿司■

 

《材料(5人分)》

・イワシ、キンタロウなど   10尾

・卯の花           200g

・しょうが          少々

・砂糖            適量

・酢             適量

・塩             小さじ2

・オノミ           少々

・黒ごま           少々

・魚をしめる塩        適量

・塩、酢、砂糖        適量

 

《つくり方》

イラスト:Atelier Kalton (アトリエカルトン)

 

 

1.魚を3枚におろし、骨をとったものに塩をする。その後、酢で塩を洗い軽く絞り、あま酢の中につけ込む。

2、卯の花を煎り、酢・砂糖・黒ごま、しょうが、オノミを入れ味をつける。

3、卯の花を太鼓型ににぎり、1、の魚で巻く。

4、ごまを振りかける。

 

■アレンジレシピ / だき寿司コロッケ■

 

《材料/残っただき寿司/だき寿司2個で1人分》

・だき寿司      2個(×人数分)

・溶き卵       1個分

・小麦粉       適量

・パン粉       適量

・揚げ油       適量

 

《つくり方》

1、余り物のだき寿司の下半分に小麦粉をつけて、溶き卵にくぐらせ、パン粉をしっかりつける。

2、170℃の油でカラリと揚げる。

※そのままでも美味しいですが、お好みで甘口ソースやタルタルソースをかけてお召し上がりください。

 

レシピ考案 地域おこし協力隊 竹森 れい