オレンジテントが目印。萩のおいしいが集まるマルシェへ生産者に会いに行こう!

関連食材
  • 焼き抜き蒲鉾
  • 山口あぶトマト
  • その他
カテゴリ
  • 季節の特集
  • その他の特集
Loading

Share
画像:

毎月第3土曜日、萩市の中央公園で開催されているはぎマルシェでは、萩市産のおいしい食材の購入や、その食材を生かしたご飯を食べることができます。普段の買い物で会うことのない生産者と、直接会って会話して食材の良さを活かした食べ方を教えてもらうこともできます。「萩市の生産者は人柄も温かく、こだわりを持って栽培している方たちばかりです。新鮮食材の購入はもちろんですが、生産者の皆さんに会いにぜひお越しください!」と語る萩市農政課の森夏美さん、岡﨑后咲さんにお話を伺いました。

はぎマルシェ初開催の日にちときっかけを教えてください。

令和2年7月18日(土)に初開催しました。食の安全性への需要が高まる中、地元で顔の見える生産者によって生産された食材は、安心して食べることができると思いました。生産者をもっと知ってもらえる場所を作り、地産地消を推進することで萩市の農林水産業を活性化したいと思ったことが、マルシェ開催のきっかけです。毎月開催できているのは実行委員会の皆さんの力のおかげだと思います。はぎマルシェ実行委員会は現在、農政課と地元農家7名で運営しています。実行委員会のメンバーは地域農業の活性化に前向きな若手農家さんが多く、積極的に運営に関わってくださり毎月無事に開催できています。

 

イベント名の由来とコンセプトは?

生産者と消費者が繋がる場所、地産地消の推進がコンセプトです。イベント名は、はぎで行うマルシェなので、はぎマルシェとなりました。

発案から開催までの期間と、初開催までに苦労したことがあれば教えてください。

発案は令和元年9月頃。実証実験として令和元年12月に萩・明倫学舎で開催しました。その後、令和2年4月に実行委員会を立ち上げましたが、新型コロナウイルスの影響で初開催は7月となりました。今年は新型コロナウイルスの影響で、感染予防対策に苦労しました。どのようにしたら安心してマルシェに来ていただけるのか、実行委員会で何度も会議を行いました。

萩の土地、萩の食材へのこだわりはありますか?

萩市は全体として東部の中国山地から北西部の日本海に向かう傾斜地で、低地は少なく台地が広がっています。また、萩島嶼部では、島としては珍しい平坦な台地を有しています。萩一帯は、火山に育まれた肥沃な土壌であり、こうした地勢のなかで農林水産業が営まれています。また、こういった土地の特徴を生かして生産された農林水産物を、はぎマルシェで販売しています。

実行委員会員さん達の出身地は?

萩出身の方もいらっしゃいますが、県外出身者も半数を占めています。

実行委員になる条件などあれば教えてください。

萩市内で農業を行っていること。若しくは、萩市内で事業所を持っている方など。詳しくはお問い合わせください。

令和2年度までの毎月のテーマ作り(令和3年からの自由テーマで希望する効果)

令和2年9月から12月まで行っていた毎月のテーマ開催は、お越しいただくお客様に楽しんでもらいたいという思いで実行委員会の中から出たアイデアでした。開催する時期にあわせて、取れる野菜なども考慮して実行委員会の中で毎月のテーマを決めました。しかしながら、令和3年1月からはテーマは無しとします。テーマを無くすことで、出店いただく店舗それぞれで、萩の食材の良さを引き出す料理や、おいしい農林水産物を自由に販売してもらいたいと思います。

開催後に手応え(来場者からの生の声など)を感じたことがあれば教えてください

毎月開催することで、開催についての問い合わせも増え、徐々に定着してきたのかなと思います。認知度はまだまだ足りませんが、毎月野菜を買いに来てくれるリピーターの方もおられます。

萩・マルシェ開催にあたりモデルにしたマルシェはありますか?

山口市のおいでマルシェや神戸、福岡などの都会のマルシェを参考にしています。また、周南市で行われている、徳山あちこちマルシェの実行委員会の方にも直接連絡を取り情報交換を行っています。

他の地域で開催されているマルシェとの違いは?

はぎマルシェは、萩市内に拠点を置く農林漁業者や飲食店、ワークショップ(体験)が出店しています。萩市の中だけで、農林水産物や飲食など多くのものが揃う点は、他の市町が開催しているものと違うかもしれません。また、実行委員会のメンバーも萩市の農家なので、アットホームで温かい雰囲気があると思います。

今、取り組んでいることは何ですか?

もっと多くの人に足を運んでもらえるよう、実行委員会でいろんな企画を考えています。今まで興味を持っていなかった人たちにも来ていただけるよう、宣伝のやり方もいろいろと試しながら行っています。

これから挑戦したいことは?

都会のマルシェのように、若い人たちも足を運びたくなるような空間づくりをしていきたいと思います。また、出店者同士も横のつながりを持てるような仕組みを作りたいと思っています。ほかにも、様々な関係団体とつながりを作って、マルシェに関わる人達を増やしていきたいです。

はぎマルシェを通して伝えたいことは?

萩市にこんなにおいしい食材とそれを活かせる飲食店がたくさんあることを、来場者に知ってもらいたいです。そして、普段から萩市産の食材を選んでほしいと思います。

 

 

普段、何気なく購入している農産物の生産者に会えるはぎマルシェで、あなたのおいしい萩を見つけてください。

 

 

〇はぎマルシェ

〇開催日:毎月第3土曜日 11:00~15:00

〇場所:中央公園

〇主催:はぎマルシェ実行委員会

〇共催:萩市

〇お問い合わせ:萩市農政課 TEL 0838-25-4192