【特集】萩の焼き抜き蒲鉾 ~萩の蒲鉾を後世に残す 村田蒲鉾店 ~

関連食材
  • 焼き抜き蒲鉾
カテゴリ
  • 食材別の特集
Loading

Share
画像:

萩の蒲鉾を後世に残すため、食文化の変化や原材料の枯渇と戦いながら、伝統的な蒲鉾製造を継承するだけでなく、新商品の開発、販路拡大にも力を注ぎ、事業を拡大してきた村田蒲鉾店。

高級食品としての萩蒲鉾

蒲鉾が当たり前のように食卓に並ぶ時代は過ぎ去り、伝統的な萩の蒲鉾製造だけでは先細りになると早い段階で舵を切られた村田蒲鉾店。
伝統の鮮魚からの蒲鉾づくりは「村四郎」で継承し、伝統をベースに進化させた超高級蒲鉾「超特選一萩王」 をラインナップし、贈答用商材として萩の蒲鉾を未来へ繋がれます。

 

水の違い

各店にこだわりがある萩の焼き抜き蒲鉾。
「先代からの教えを唯ひたすら守りぬくことを念頭に置いてます。」と言われる3代目店主・大輔さん。
こだわりを聞くと「水の違い。」と他店では聞くことのなかったワードを発される。
村田蒲鉾店敷地内の地下水だけでも場所による違いがあるそうで、その微妙な違いを使い分けて製造されている。

 

守るためのチャレンジ

萩の蒲鉾を守っていくために、ニーズにあった創作天ぷらなど新商品開発に力を注がれるだけでなく、萩に生まれた次世代の子供たちが萩の練り物文化を身近に感じてもらえるよう、揚げたての天ぷらや出来立ての練り商品を食べることができる村田蒲鉾総本店を本社工場横に併設されています。

基本情報

住 〒758-0011 山口県萩市椿東玉太郎1046-1
TEL 0838-22-0877
営 9:00~18:00
休1月1日、2日
P 普通車30台、バス10台
http://www.muratakamaboko.jp
販 本社 総本店、道の駅 萩しーまーと店、下関店、門司店他