甘くきれいなピンクの太陽の恵み「小川のモモ」

  • 7月
Loading
Share

小川のモモOgawa momo

県内最大のモモの産地である萩市小川の平山台地区で生産されるモモは、袋掛けをせずに育てられる「無袋栽培」と呼ばれる栽培が特徴です。モモが太陽の光を直接浴びることで、有袋栽培よりも糖度が高くなり、全体的に赤みを帯びたきれいなモモに育ちます。

画像:小川のモモ

画像:小川のモモ

県内のお店で販売。贈答品としても人気

画像:小川のモモ

主力品種の「あかつき」は、「小川サンピーチ」として7月中・下旬頃から県内の量販店や萩市内の道の駅等へ出荷されるほか、萩市ふるさと納税の返礼品や贈答品としても人気の高い萩を代表する果物です。