大きさと美味!2段階の驚き「萩たまげなす」

  • 5月下旬〜7月中旬
Loading
Share

萩たまげなすHagitamagenasu

甘みが強く、果肉が非常に柔らかい萩たまげなす。出荷時期は5月下旬から7月中旬までで、市内スーパー、道の駅、直売所等で販売されています。

画像:萩たまげなす

大きさ普通ナスの3~4倍。1株から3~5本しか採れない貴重なナス

画像:萩たまげなすの大きさ比較

品種名は田屋なすで、重さ500g以上の品質の良い果実を「萩たまげなす」として販売しています。普通ナスの3~4本分もあろうかというその大きさと味にたまげる(驚く)ことから「萩たまげなす」と名づけられており、1株から3本~5本しか採れない貴重なナスでもあります。
田屋なすは、もともと長門市仙崎田屋地区で栽培されていたもので、昭和50年代に萩市に種が渡り徐々に広まり、栽培が今日まで続けられてきました。

甘みが強く、とろりと柔らかい。一度食べると病みつきになる深い味わい

画像:萩たまげなす

一般の品種に比べて、実がとても大きく、時には長さ40㎝以上、重さは1㎏以上になることがあります。大きくなってもツヤがあり、種子はほとんど入っていません。その見た目とはうらはらに、糖類の量が多いことから甘みが強く、果肉が非常に柔らかいことから、一度食べると病みつきになるようなナス本来の深い味わいを持っています。加熱することにより一般的なナスよりも多くのペクチンが溶け出し、果肉の「とろり感」が増すのも大きな特徴です。